オリジナルバッチの効果的な活用方法

オリジナルバッチを効果的に活用しよう

お気に入りのオリジナルバッチはいくつあっても嬉しいものです。ただコレクションにしているだけではもったいないので、どんどん外に連れ出してあげましょう。洋服に付けるのは少し抵抗がある場合、帽子のワンポイントにするのがお勧めです。シンプルな帽子もキュートな雰囲気になりますし、バッチにとっても、バッグに付けるより傷が付きにくく安心です。バッグに付けたら傷が心配になりますが、トートバッグやデイパックなどには大きめの缶バッチなども付けられますし、帽子よりも自分で見やすい場所になりますので、何とか付けたいものです。傷が心配であれば、あらかじめ、剥がす時にも本体を傷めない保護用の透明フィルムを貼っておいたり、それを貼ること自体が不安であれば、バッチのすぐそばにスカーフなどを巻いて何かに当たったとき、クッション代わりになるようにしておくと安心です。

大切なバッチは門外不出で楽しみましょう

傷をつけない工夫をしても、外出時はやはり、落下などによる紛失のリスクが高まってしまいます。大切な一点もののオリジナルバッチであれば、インテリアとして室内に飾って楽しむのが良いでしょう。コレクションとして飾るのであれば、シンプルなコルクボードに、バッチのデザインが際立つレイアウトで配置するのが一番です。バッチで飾られたコルクボードそのものが、一点のアート作品になります。部屋の雰囲気に合わせて幾つもコルクボードを配置するのも楽しいものです。バッグに付ける場合と違って、傷や紛失の心配が無いぶん、レアな一点もののバッチや、外出時に付けるには可愛らし過ぎるようなキャラクターバッチには最適の保管方法です。カーテンに飾るという方法もありますが、風などで動いて落ちたり、傷が付いてしまう心配もありますので、大事なバッチは、やはり固定できる場所が安心です。

欲しいバッチは自作オリジナルに挑戦

お気に入りのバッチをコレクションするうちに、自分で作ってみたくなる人は多いようで、写真やイラストなどをバッチに加工する玩具が発売されたほどです。手芸的に楽しむのも良いですが、今はネット経由で自作のイラストや写真などバッチにしたいデータを送って、プロの技術で加工してもらうことも可能となりました。自作のオリジナルバッチこそは、この世でただ一つの、レアバッチとなります。親しい人へのちょっとしたプレゼントや、思い出を共有する記念バッチなど、アイデアは無限です。豪華なプレゼントとしてフラワーアレンジメントを送る時も、その包みなどにオリジナルのバッチをプラスして自分らしさを出したり、バースデーケーキの周囲に飾って華やかさをアップさせたり、パーティーを盛り上げるグッズとしても楽しめます。

Scroll To Top