オリジナルバッチの効果的な活用方法

話題のオリジナルバッチの可能性とは

オリジナルバッチは、プレゼントとして喜ばれたり、企業の販促グッズとして使うこともできます。実際、ブランド企業だとそのブランドのバッチが欲しいという目的で企業のサービスを利用したり、入会を決めるケースもあります。バッチはファッションだけではなくビジネスでも役立つ好例です。缶バッチ、ピンバッチなどがあり、サイズもデザインも自由に選ぶことができます。記念品や贈答品として使えば、思い出として残ります。既製品のバッチでもオシャレなデザインはありますが、オリジナルという価値がつくと既製品よりもありがたみが増すものです。ここでは、話題のオリジナルバッチの可能性について、どのようなシーンで活躍するのかを見ていきます。どこにもない世界でただ一つのデザインを楽しみましょう。

お客様を呼び込むためのツールとして活用

バッチというと、若い人がおしゃれのためにつけているイメージがあります。しかし、企業が販促グッズとしてオリジナルバッチを提供することもあります。ブランドのロゴが入っているバッチは、他では買えないという付加価値がつくので、かなり効果の高い販促ツールになります。一流のデザイナーがデザインを手がけて、入稿・校正したバッチであればそれが付加価値になります。このバッチを持っていることがお客様にとってのステータスになるので、ビジネスを成功させるためのツールとして大活躍します。例えば保険に加入してくれたお客様にだけバッチを提供するサービスや、会員登録してくれたお客様に抽選でバッチが当たるキャンペーンなどを行うことで、他の企業との差をつけられる可能性もあります。

配るだけで宣伝効果を出すことが可能

ビジネスの販促ツールとしてオリジナルバッチを活用する場合、バッチを配ってお客様につけてもらうことで、企業の宣伝をすることができます。バッグやキャップにそのバッチをつけてもらえば、街を歩いている時に周りの人の目にとまります。宣伝効果としては弱いイメージがありますが、何人ものお客様がバッチをつけていれば、他の人の目にとまる率が高くなり、結果的に大きな宣伝効果を得ることができます。今ではネットもありますから、それがSNSで紹介されてさらに宣伝の輪が広がる可能性もあります。企業のことをよく知ってもらうためには、まずは何かきっかけを作る必要があります。そのきっかけとして、バッチを使うのが効果的です。格安で作製してくれるサービスを利用すれば、費用を抑えて宣伝効果をアップすることができるでしょう。

Scroll To Top